バラの神様 京都の名所シリーズの薔薇

京都府立植物園 ばら園

 私が生まれた京都には、日本で最初に作られた『京都府立植物園』があります。植物が好きだった私にとって、子どもの頃からよく訪れた思い出の場所です。

 

しかし植物園では、2019年10月に策定した京都府の計画により、商業施設の拡大に伴うリニューアル工事が決まり、展示エリアとバックヤードの縮小が、行われることになりました。

 

そうなると正門近くのばら園も、影響が出るのではと薔薇を描いて残すことは急務だと考え、2020年の秋より本格的なスケッチを始めました。そして2021年秋に出版予定の書籍WORLD ROSES REDへの掲載を決めました。

 

以前から、植物園には京都の名所の名前が名付けられた薔薇たちがずらっと並んでいる事を、気になっていました。

 

そして前作の書籍WORLD ROSES BLUEの製作時に、その薔薇たちは京都生まれでこちらの植物園にご縁の深く、日本の薔薇の創世記を支え、バラの神様と呼ばれた『岡本勘治郎』氏によって作出されたものだと知りました。

 

 

 

私は岡本氏が1973年に作出された薔薇『ブラックティー』に出会い、今から約50年前の日本に、これほど素晴らしい薔薇をお作りになられる方がいらっしゃったのだと、もっとこの方の薔薇を知りたいと思っていました。

 

そこで、これは早急に描いて残さないとと、京都の名所シリーズの薔薇と、それ以外にも世界に日本の薔薇の魅力を広めた、素晴らしい育種家の方たちの薔薇をお伝えする事に決めました。

 

その後、展示エリアとバックスペースの縮小工事を反対する7万通の署名が集まり、2021年8月の京都新聞にて、京都府は縮小しない方針に変更したと記事にありました。

 

 私も署名をさせていただいていましたので、薔薇も植物たちも本当に良かったなと喜んでいます。そして懐かしい京都府立植物園の薔薇を、より深く学ぶきっかけになり、これからも変わらず、未来につないでいきたいものを見つめて行こうと思いました。

 

 

 京都府立植物園は2024年に創立100年を迎えます。大切なものを一度失ってしまえば、取り戻すことは出来ません。世界中から集まった貴重な植物たちと出会える、生きた博物館を後世につないでいってくださる事を願っています。

 

京都の名所シリーズ 薔薇ボタニカルアート

今回お伝えする『京都の名所シリーズ』の薔薇は、全部で42種類育種されているそうです。全て見つけられて描けたら、一冊の書籍にまとめたいと考えています。

 

京都府立植物園では、現在咲く19種類を確認し描きました。今後、他のバラ園を巡り、残りの薔薇たちと出会える事が楽しみです。

平安 HEIAN



衣笠 KINUGASA

貴船 KIBUNE

京極 KYOUGOKU


円山 MARUYAMA

高雄 TAKAO

大原女 OHARAME


金閣 KINKAKU

嵐山 ARASHIYAMA

大文字 DAIMONZI


加茂 KAMO

鞍馬 KURAMA

紫野 MURASAKINO


宇多野 UTANO

伏見 HUSIMI

桃山 MOMOYAMA


バラの神様 岡本勘治郎氏について

 日本の薔薇の創世記を支え、バラの神様と呼ばれた岡本勘治郎氏は、1899年に京都府に生まれ、千葉園芸高等専門学校(現・千葉大学園芸学部)を卒業後、さらなる薔薇育種の勉強の為にヨーロッパへ渡られました。そして約4年後に帰国、京都伏見にて『桃山花園』を開園してバラの育種研究を始めます。京阪園芸と共同で薔薇の育種を始められたのは1955年のことでした。

 

  そして、薔薇『ふるさと』『花嫁』が誕生し、その後光る薔薇など、沢山の素晴らしい名花を生み出し続けて行かれます。日本人初の英国王立園芸協会の終身会員です。(参考文献 京阪園芸公式サイト)